Work&Life

Work&Dream Column #01 子育てを応援する仕事 小原美紀さん
Work&Dream Column #01 子育てを応援する仕事 小原美紀さん

前職は、幼稚園教諭をしていましたが、結婚を機に退職しました。その時、ブライダルエステを受けて「癒される素敵な世界」があることを知り、エステティシャンになりました。
エステの仕事は、楽しかったのですが、相手が大人だったこともあり、幼稚園の子どもたちとのふれあいを思い出すと、なんとなく寂しく心残りを感じていました。

そんな時、ベビーマッサージの存在を知り、「私のやりたいことが、全部詰まっていて、今までの幼稚園教諭、エスティシャンの経験を全て活かせる」と思い、今の仕事を始めました。
といっても、はじめは、お教室の案内チラシをおいてくれる場所がなかなか見つからず、お店や幼稚園などを歩きまわりました。
お客様が、口コミでお客様を紹介してくださるようになり、少しずつ増えて、今では、福島県や小山市など遠くからも通ってくださる方もいらっしゃいます。

親子のスキンシップ、コミュニケーションは、赤ちゃんが小さければ小さいほど、大切なんです。
特にファーストサイン育児をすると、ママと赤ちゃんがみるみる変わっていきます。
ママは、赤ちゃんの出すサイン(手の仕草)で想いを知ることができます。
「お腹がすいた」「オムツを取り換えて」「お願い」「もっと」「かわいいね」など。
ママは、以前より、よく子どもの表情や仕草を見るようになります。
赤ちゃんは、大好きなママが自分を見ていてくれることを感じ、安心して笑顔が多くなっていきます。

ファーストサイン教室後は、「子育てが楽になった」「愉しくなった」など、嬉しい声が飛び込んできます。

私は、ベビーマッサージ、ファーストサイン、ハワイアンリトミック、などを通して、ママたちのより楽しい子育てをお手伝いができたらと想って働いています。
私自身が、ママたちの、そして赤ちゃんたちの笑顔を見るのが大好きだから。